心筋梗塞やガンなどは早く見つける│隠れんぼしている病気

薬

がんが移るリスク

リンパ管など様々な血流によってがんは転移するものです。この様な転移がんは基本的に、肺や喉頭などの大きな動脈が通っている場所にできるものの発見が早い場合には短期間で治療ができるために、治る確率の高いものとなっています。

Read More

不整脈の重症化

心臓に埋め込み状態を管理します

心筋梗塞の原因の一つに不整脈が挙げられます。不整脈が重症化すると時に心室細動などの重篤な症状に繋がることがあり、命の危険も生じてくる訳です。現在では、このようなケースで、埋め込み式の除細動器が使用されるようになっています。この除細動器は従来のペースメーカーの役割に加えて、万が一の時に心臓を蘇生させる機能も併せ持っているのが特徴です。 除細動器が心臓の乱れを認識するとペースを整える作業が行なわれます。こういった作業を行なっても心臓機能が正常化しない場合には、電気ショックによって心臓を蘇らせる訳です。この除細動器は、ペースメーカーと同様に手術で心臓に埋め込んで使用します。電気ショック機能で心室細動から心筋梗塞へ移行するのを抑える効果を持つのです。

治療には一定のデメリットもあります

こういった埋め込み式の除細動器には、デメリットがいくつかある点を予め押さえておく必要があります。例えば、機器の誤作動です。こういった機器は予め詳細にプログラミングがされていますが、何らかの理由で機器が心筋梗塞を起こしていると誤った判断をしてしまうこともあります。そういった場合には、電気ショックの機能が作動するため、本人はかなりの衝撃を受けることになる訳です。 また、この除細動器はペースメーカーに比べて大型となるため、手術に伴う負担も若干大きくなります。常に機器を抱えているという精神的な負担も少なからずあるため、心筋梗塞のリスクが極めて高い重度の不整脈の場合に主に選択される方法となっているのです。

がんを早期発見しよう

卵巣がんは早期には発見が難しい傾向があり、自ら意識して血液検査やエコー検査を受けておくことが大切になります。卵巣がんのリスクを上下させる要因が最近は分かってきており、ある程度予防策を講じることも可能です。

Read More

治療困難ながん

がんの治療には基本的に、長い時間と高い費用がかかるものであることから保険などを利用して治療費を軽減することが良いと言われています。特に十二指腸がんというものは、発見が遅れやすいものになります。

Read More